毛ガニ、すごく美味しいですよね。
さばき方さえ覚えてしまえば、簡単に網走産の毛ガニを食べることができます。
今日はそのやり方をやってみたいと思います。
まず、用意していただくのは、ご家庭にあるキッチンバサミ。
慣れていない方は、怪我をしてはいけないので、軍手を用意しておいてください。
まず、足を切り落としていきます。
ハサミを入れるポイントは、根元の関節の部分です。
次に甲羅を探して行くんですが、その前にお腹の部分にある部分を先に外してしまいます。
ハサミなどでとってください。
そして、甲羅を剥がす時は、必ず甲羅を下にして親指を入れて離してください。
甲羅の中に蟹味噌が入っています。

こちらのおすすめもご覧下さい。
毛ガニ 通販

カニとしては小ぶりの形態で、身の詰まり方も心持ち少ないのが毛ガニの特徴ですが、身は旨みが伝わってくるしっくりくる味で、カニみそもあとを引く感じで「蟹通」が好んでいるのだと想定できます。
漁期が定められているので、ズワイガニの時期は、主に11月~1月にかけてで、シーズンで言ってもお歳暮などのギフトにしたり、おせちの一品として喜ばれているのです。
細かくしてあるタラバガニの身は、そんなに濃い味とは思えないのが、かに料理の材料にして使用した場合でも最高です。
ハサミそのものは、揚げた後から味わうと、小学生でも児童ですら大量に口に運ぶでしょう。
味わってみると本当に美味しいワタリガニの時期は、水温が落ち込む晩秋から春だと言われている。
この季節のメスは普段よりも甘みがあるので、差し上げ品に利用されることも多いです。
浜茹で処理されたカニともなると、身が減ることも考えられませんし、海水の塩分とカニのうまみがキレイに反応して、何もしなくても品質の良い毛ガニの味をいっぱい召し上がる事が適うことになります。

鍋に抜群の相性のズワイガニは11年かけて、初めて漁獲できる容積に達することができます。
それを事由に水揚げする数が激減して、資源を保護することを目標に海域の地区によって相違している漁業制限が設置されているようです。
冬と言えばカニがおすすめの季節に間違いありませんが、山陰沿岸を生息地にしている松葉ガニに並んで有名なのが、瀬戸内海産の美味なワタリガニです。
正式な名前はガザミとされ、今となっては瀬戸内で評判のカニと考えられています。
「カニを食した」という充足感を得る事が可能なのはタラバガニという事なのだが、正真正銘のカニとしての素晴らしい味をのんびり味わうことが可能なのは、ズワイガニになるはずと言った格差があるのです。
業界では4~5月頃より7月前後迄のズワイガニは特に良いと有名で、新鮮なズワイガニを味わい場合には、そのタイミングで買い取ることを一押しします。
新鮮なワタリガニを楽しむ際は「塩ゆでするだけ」が一番良いでしょう。
ちょっとだけ口に入れにくいかも知れませんが、何とも言えない味噌や身は、これ以外の贅沢な蟹に劣らぬ奥深い味を感じさせてくることでしょう。

日本でとれる本ズワイガニの方が、格段に旨みがあり柔らかくて、カニしゃぶが美味しい大ズワイガニの方は、淡白である身が大きめなので、勢いよく食する時には人気を集めています。
オツな味のタラバガニを堪能したい時には、業者をどこにするのかが大切だと思います。
カニを煮る方法は手を焼くので、かに専門店にいらっしゃる職人さんが、提供しているカニを堪能したいですよね。
なんと、かにの、その種類と体の部分に関することを伝える通信販売のウェブサイトも見つかるので、旬のタラバガニのいろいろなことを多少でも学ぶために、そこに書かれていることを一瞥するのも良い方法でしょう。
ネット通販などで毛ガニを注文し、鮮度の高い浜茹でを家族で心ゆくまで味わい尽くしませんか?
時節によってまだ活きている毛ガニが、ご自宅に直送で送られるようなこともあります。
ズワイガニとは、水深300mあたりの深海に居住し、本州最西端の山口県からカナダ近海まで広範に棲息している、驚く程の大きさで食い応えを感じる口にする事が可能なカニになります。

関連記事

    None Found