ビオラ社のエムドゲインを歯周外科の処置中に患部に塗布すれば、歯が初めて生えてきたような状況と近い、丈夫にフィットする歯周再生を助けることが実現します。びっくりするかもしれませんが日本は歯の病気予防について残念なことに後進国といわれており、欧米人に比べて、実は日本人の歯の寿命は短くなっていく一方です。元から歯の病気の予防についての考え方が異なるのだと思います。歯のメンテは、美容歯科分野での施術が済んで満足できる結果になったとしても、横着せずに継続していかないと元通りに戻ります。インフォームド・コンセントの取り組みは、病気の進行具合を確実に納得しそれに最適な治療の方法に、協力的に打ち込みましょうという想いに起因するものです。今流行のインプラントとは、歯肉内部に歯を支えている顎の骨に、親和性が高く体への負担が少ないチタンで作られた人工歯根をはめ込んで、その部位に歯科技工士が作った歯を確実に設置する治療技術です。


歯のカラーとは元々純粋な白色では無いことが多く、人によって差はありますが、大半の歯の持つ色は、イエローっぽかったりブラウンの系統に色づいています。診療用の機材等のハード面については、いまの高齢化社会から要望されている、自宅訪問する歯科診療のニーズに応じることのできる水準に達しているという事が言えるでしょう。歯が美しくなるのを中心に据えているので、咬みあわせの確認などをおろそかにしているようなトラブルが、極めて多く周知されているのが現状です。プラークが歯の外側に付き、その部分に唾液の成分にみられるカルシウムやほかの数種類のミネラルが共に付いて歯石が作られますが、その元凶はプラークそのものなのです。甘い食物を食べすぎてしまったり、日々の歯みがきを手を抜いて行うと、歯周病のきっかけとなる菌が増えてしまい、プラークが蔓延し、その結果歯肉炎が生じてしまうという事が確認されています。


噛みあわせのトラブルの中でも殊に前歯がよく衝突する事例では、歯を噛み合わせる度に強い力が、上顎骨の前や鼻骨に直接かかってきます。口腔外科という所は、その専門分野として、顎口腔機能の治療を中心として据えているので、内科の治療や精神的なストレス障害等に至る程、受け持つ項目は幅広くあるのです。もし歯冠継続歯の根幹が破損してしまったらそれは歯根破折と呼ばれていますが、悲しいことですが使い物になりません。その、大半の状態では、歯を抜くことになってしまうのです。昨今では医療の技術開発が一気に発達し、驚くことに針の無い無針注射器や各種レーザー治療器を使うことで、痛みをかなり抑える事のできる「無痛治療」という施術が開発されているのです。ドライマウスの患者の多くが感じる愁訴は、口腔内が乾く、ノドが渇くというのが大半です。重症の場面では、痛みなどの辛い症状が出現することもあるとされています。

関連記事